7 0 obj ��7����"YlK�PT,�� 建物が別なので、入口も別になっています。 6 0 obj )�FV �� �Ī�с�a�`�0W�����3=�tHv��.�0����e�X�&[���zȾN�9�5I�� 山形大学医学部附属病院の詳細を見る 023-633-1122 ホームページへ: 外来受付時間 月 火 水 木 金 土 日 祝 8:30~11:00 休診日: 土、日、祝 備考: 診察は9:00開始、診療日時は科目により異なる なるべく紹介状持参を推奨 2002年1月 山形大学医学部教授 内科学第一講座. 街中にあるので、…続きをみる, 回答者:50代  女性  勤務先:診療所, 開業医さんですが、MRI完備されています。 ベテランから若いスタッ...続きをみる, 3年ほど前にずっとお世話になっていたお医者さんです。 *%C�,gVu�N�0R9bM=*%�}hR\�6!��+ۆ�in&X[j��Iճ�x!�C��%d�oH�Sd,� �bϕBT��J�P6$�M�d����Ѳ�u��A^;�yܳ]�76�ݩv�� ˌ��[�T5���xl���54�mRB�F�dh���ntX��Jl�Q)٘��$6��2v ��-cG߂(��n{������\��V�HC6��֚�>��mbv!�f��5���!2)���.���.�s���(?�e���C���dH��~��ʐ�-s�_�`(C�P��UJ6ʐ&�r�����Ӝ�Ņ%͉�`��f�l���o�`�߅q�O$�䫄ᯘz��74�=� a��v}C�XkY�7:�B��0v@k��a�o�0�Q���{���OLɥ>��E���0sZ)� �l`��SzRX� �ړVu���Qb��QbU���P7J���\��o3L�D*��)m� ��[�M���m�ݕ��������Ŏ�ߕ��琜ʷ0�߲}�v�u���o�M����UU��x�� 2 0 obj endobj 山形大学医学部国際交流危機管理マニュアル(H28.9改正) new! << /Contents 17 0 R /Group << /CS /DeviceRGB /S /Transparency /Type /Group >> /MediaBox [ 0 0 595.2 841.68 ] /Parent 2 0 R /Resources << /ExtGState << /GS11 10 0 R /GS5 11 0 R >> /Font << /F1 12 0 R /F2 13 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text /ImageB /ImageC /ImageI ] >> /Tabs /S /Type /Page >> 3 0 obj �žKd0́.��?{��(��w�O������U��y&�Q���"���5](c�%k�M#��}V��l�m4�S�6~Y511͘�)�y9n��p�t֍=�Bڈ��S1B�? �oHlp"�yΎ�����*�A�'W�?���m�����`����ŭ�Zb��N���2eN+S~��PK�9���~a�sJ��&b�������e^rs޶��MO\�5��6�Ĉ�͵�Y]����$'j���B��䱯����(�_�w|��vn29��!qq7&�E�ѥ( 昭和大学医学部リウマチ膠原病内科 助教(員外) 2013年4月- 2014年3月: 日本赤十字医療センターアレルギーリウマチ科 医員: 2014年4月- 2014年9月: 昭和大学医学部リウマチ膠原病内科 助教(員外) 2014年10月- 現在: 昭和大学医学部リウマチ膠原病内科 助教 ˟L�0t ���a���ݗ"eU��,�g << /Contents 18 0 R /Group << /CS /DeviceRGB /S /Transparency /Type /Group >> /MediaBox [ 0 0 595.2 841.68 ] /Parent 2 0 R /Resources << /ExtGState << /GS11 10 0 R /GS5 11 0 R >> /Font << /F1 12 0 R /F2 13 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text /ImageB /ImageC /ImageI ] >> /Tabs /S /Type /Page >> %PDF-1.7

お見舞いに行くたびに、良くなって行く姿を見られたのはよかったです。 h޼S_HSQ������8 Ѱd5�t/ŌQ,[:W��a��(�Ý���X u�� 今回は内科を受診しましたが、先生は温厚な感じで症状をじっくり聞いてもらえ…続きをみる, 回答者:50代  女性  勤務先:診療所, 文字通り消化器内科を専門領域としており、その教育、診療、研究に当たっている。伝統ある消化器内科学教室として全国的にも高く評価されており、「やさしい医者、考える医者」をモットーに患者の立場に立って診療することを心がけている。診療は大きく、消化管(上部・下部)、胆膵、肝臓の3つの部門に分かれているが、部門ごとに外科や放射線科あるいは腫瘍内科とのカンファレンスを行い、集学的治療を実践している。, 外来患者数は09年度で1日平均115人、年間約28,000人である。新患・一般再診外来は週5日あり、専門外来は胃外来、腸外来、胆膵外来、肝臓外来を開いている。病棟は56床、09年度の入院患者延べ数は約19,000人, CT、MRI、電子ファイバースコープ(上部、小腸、下部;NBI対応)、カプセル内視鏡、EUS、超音波(RVS・ARFI対応)、PET-CT(2011年導入予定)。, 消化管外科、肝胆膵外科、乳腺・甲状腺外科の各領域において専門分野の医師が診療にあたる。専門的な知識や高度な技術を必要とする、各臓器の悪性腫瘍根治手術から炎症性疾患、生体肝移植のみならず、急性虫垂炎、鼠径ヘルニア、痔核などの一般的な疾患の手術も行っている。また、悪性腫瘍に対する集学的な治療を必要とする分野については、腫瘍内科、放射線科と連携し、適切な治療方針を打ち立て、患者さん一人ひとりに適正なオーダーメイドな治療を行うことを信条としている。, 山形大学医学部外科学第1講座(消化器・乳腺甲状腺・一般外科学)における最近12年間の肝胆膵手術連続512例において「手術在院死亡なし」を更新中, 当院は呼吸器疾患全般の診療を行っている。急性呼吸不全や感染症、肺がんの診療もさることながら、特に慢性閉塞性肺疾患(COPD)においては遺伝子などの研究レベルから、診断・治療・早期リハビリなどの臨床レベルまで総合的な医療を行っている。, 年間入院患者は約320例前後で、慢性閉塞性肺疾患10%、感染症22%、肺がん33%、間質性肺炎7%、気管支喘息3%、気胸5%や急性呼吸不全などである。年間気管支鏡検査は約300例、そのうち経気管支肺生検は約100例、気管支肺胞洗浄を約30例施行している, CT 3台、MRI 2台、核医学検査、気管支ファイバースコープ、精密肺機能検査など。, 呼吸器病センターとして、呼吸器内科との連携のもとに病棟が運営され、原発性肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍等を中心に治療を行っている。手術室はハイビジョン映像が導入され、CT等が放射線部と直結し詳細な解析が可能なハイテク施設となった。肺の表面付近の腫瘍は、胸腔鏡で部分切除が行われるものの、深い部位の腫瘍は胸腔鏡下切除が困難とされていた。画像をコンピューター処理し、部分切除と同等のアクセスで完全胸腔鏡下区域切除を行い、さらなる低侵襲術式と器具を開発している。この方法は超高齢者の肺がんや転移性肺腫瘍にも有用で、術後3日ほどで退院可能である。進行がんは腫瘍内科等との治療会議を毎週施行し、集学的治療を行っている。, 09年の手術件数は180例で、原発性肺がん72例、転移性肺腫瘍15例、縦隔腫瘍20例など。非小細胞肺がんでI、II、IIIA期のうちN1(肺がんと同側のリンパ節に転移がある)は完全切除を第一選択とする。CT上、すりガラス状の影の小型肺がんが増加し、肺の切除範囲は小さくて済むようになってきた。比較的早期の肺がんは完全内視鏡で行い、痛みが軽く早期退院が可能である。IIIA期の縦隔リンパ節転移症例は、術前化学療法の後に手術を施行している。IIIB期以上は非手術療法が中心となるが、気管分岐部や心房などへの局所浸潤例は、積極的手術を基本に集学的な治療を行う。肺がん手術1,213例の病期別5年生存率は、旧分類IA期81%、IB期62%、IIA期41%、IIB期37%、IIIA期35%、IIIB期25%、IV期13%である。胸腔内出血や膿胸にも器具を自作工夫し、短時間に行っている。, 虚血性心疾患(急性心筋梗塞や狭心症)、心不全(心筋症、弁膜症、先天性心疾患)、不整脈(頻脈性不整脈、徐脈性不整脈)、肺高血圧症など、幅広い循環器疾患領域に対して高度先進医療の提供に取り組んでいる。第1内科は、循環器内科と呼吸器内科と腎臓内科の、他に類をみない混合診療科である。したがって、心疾患に合併することの多い心肺関連疾患(肺気腫など)や心腎関連疾患(腎不全など)に対して包括的な検査・治療方針の検討を行うことが可能である。また、急性心筋梗塞や急性心不全などの急患に対して、24時間対応している。レベルの高い心臓血管外科との連携によって、様々な患者さんのニーズを考慮しながら外科的あるいは内科的治療方針を決定している。, 循環器病棟は循環器病センターとして、心臓血管外科と循環器内科スタッフが同じ病棟に混合しており、外科手術患者も入院から退院まで、一貫して同じ看護師チームが担当している。心臓超音波検査(年間約3,000件)は、特に経食道超音波検査は年間150件で、脳梗塞症例や弁膜症症例には積極的に行い、詳細な検討を加え治療指針を決定している。運動負荷試験(年間約200件)、心臓核医学検査(年間約400件)、心臓CT(年間約350件)は、狭心症の疑われる症例、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常症など危険因子を合併している場合には、心臓カテーテル検査に代わる非侵襲的検査として外来検査を行っている, 心臓超音波装置4台、ホルター心電計10台、64列マルチスライスCT 2台、MRI 3台、心臓核医学検査、トレッドミル、心臓カテーテル装置2台など。, 小児から高齢者に至る心臓血管疾患を扱っている。診療体制は実質的な「循環器病センター」となっており、循環器内科(第1内科)と同一病棟、看護体制も共通となっている。これにより内科―外科診療科間の日常的に密接な連携が図られ、治療法決定のための定期的カンファレンスも活発である。診断確定(内科)→治療法の決定(内科、外科)→外科的加療(外科)→術後検査および最適な薬物療法決定(内科)などベストな治療がスムーズになされている。また、第2外科として心臓血管外科の他に、密接に関連する呼吸器外科、小児外科を診療体制の3本柱として有しており、毎朝カンファレンスで症例検討を行い、幅広い専門的な見地から最良の治療法を選択している。, 09年の年間手術件数は第2外科全体で619件であり、そのうち、心臓血管外科手術は223例(うち、心臓および胸部大血管手術142例)であった。内訳は小児先天性心疾患34例、弁膜症疾患52例、冠動脈疾患31例、胸部大動脈瘤15例、その他心臓手術10例で、腹部大動脈以下の末梢血管手術59例であった。僧房弁閉鎖不全に対しては40%の症例に弁形成を施行、大動脈弁に対しては生体弁か機械弁を患者さんの年齢やニーズを考慮して選択している。冠動脈パイパス術では全例が心拍動下であり、87%がオフポンプバイパスであった。また、手術の対象となる症例も新生児8例、80歳以上の高齢者が16例と広範囲の年齢層にわたり、24時間以内の緊急手術11例、血液透析症例6例などと重症化している。術後30日以内の手術死亡は先天性2例、後天性心臓2例・血管2例で、全体の院内死亡率は2.6%であった。, MRI、CT、MDCT、DSA、シネアンギオ装置、人工心肺、PCPS、IABP、CHDF。, 専門は腎臓病と膠原病の診断・治療全般。関連分野として膠原病、高血圧も担当する。腎疾患の早期診断・治療から、保存期腎不全、透析導入、腎移植までの腎疾患全般に幅広く対応する。, 腎疾患の外来患者数は月約300人、入院患者数は年間約200人、腎生検数は年間約60件である, 入院病床16床。透析ベッド5床、ICU、CT、MRI、血管撮影、腎シンチグラフィ等。, 診断から治療まで、トータルケアを心がけている。患者さん一人ひとりに最適な治療を、多面的に考慮する。クリニカルエビデンス(医学的根拠)のみに基づいた紋切り型の治療にはとらわれない。モットーは「丁寧な診断治療。質を保証する数は必要だが、数は質を保証しない」。診療困難がん症例については科横断的なキャンサートリートメントボードでの検討を行い、総合的な治療指針を策定する。, 当院は急性期治療を担う県内唯一の大学病院であり、リハビリテーションも、高度集中治療室でのベッドサイドリハをはじめとする急性期リハが中心となっている。一方、神経難病、脳腫瘍、小児疾患など難治例に対しては、ベッドサイドリハから難病疾患の退院にむけての環境整備までの包括的なリハビリを行っている。, 最近5年間の患者数は毎年約1,200人である。対象は、整形外科入院患者が約4割で他科入院の患者が約6割である。リハビリ科独立の入院ベッドはないが、医師は整形外科を兼務しており、整形外科入院患者の細かな決定や調整ができている。そのほかの当院リハビリ科の特徴を以下に挙げる, 多用途筋機能評価訓練装置(Biodex)、筋電計、重心動揺計、各種物理療法機器など。, 医学部全体で山形県のがんセンターとして機能している。病院再整備の結果、09年夏から産婦人科病棟も新しく機能的になっている。エビデンス(科学的根拠)や各種ガイドラインに基づいた治療を心がけており、診断から治療まで一環して行っている。治療と病状の説明は、平易かつ多角的に行っている。セカンドオピニオンは随時受け入れている, 09年の成績は、総手術件数257例、婦人科手術198例、うち腹腔鏡下手術59例であったが、例年通り合併症や進行悪性腫瘍の手術が多い。緊急手術も例年1~2割を占める, コルポスコープ、子宮鏡、体外受精ユニット、各種超音波機器、PWV、CT、MRI、放射線施設などを備えている。, 各疾患領域を専門とする医師がそろっており、それぞれ高度医療を行っている。特に、新生児の外科疾患や先天性心疾患および腫瘍性疾患など、外科系各科や放射線科などの専門各科との連携が必要な疾患に関して、集学的な診療が可能である。また、各分野の難治例や重症例に関して、県内の各関連病院との連携をとりながら、より専門性の高い医療を提供している。救急外来は、基礎疾患がある患者や2次救急病院からの紹介患者に関して、24時間小児科医師が対応する体制が整っている。また、遺伝性ニューロパチー、先天性中枢性低換気症候群、脳形成障害、先天性内分泌・代謝異常などの遺伝子診断を精力的に行っている。, 小児科病棟34床(うち、乳児室6床)、他にGCU 3床、NICU 6床。09年入院患者数は延べ340人。外来受診は主に専門外来となるが、1日平均40~45人, CT、MRI、超音波検査、脳波、SPECT、呼吸機能検査、DEXA、血管造影(心臓カテーテルなど)、無菌室、感染対策陰圧室。, 小児科はじめ外科系診療科と連携して専門的医療を提供している。病気を治すのはもちろんのこと、より侵襲の低い手術、機能を重視した手術を心がけている。手術を受けた子の生涯にわたる心のケアのため、美容的な観点から創(きず)を最小限にするような手術が重要であると考えており、内視鏡下手術も積極的に取り入れている。治療方針はご家族と話し合い、一人ひとりにマッチした最善の治療とQOL(生活の質)向上を目指している。, ここ数年の年間手術件数は約200件、そのうち新生児手術は約20件で、内視鏡手術は年間約50件である。09年度(08年度)の症例の内訳は、先天性食道閉鎖症4(1)、直腸肛門奇形3(2)、先天性十二指腸閉鎖症5(1)、先天性小腸閉鎖症1(1)、先天性横隔膜ヘルニア2(1)、腹壁異常症1(2)、腸回転異常症手術1(1)などであった。乳児期以降の手術症例は頭頸部疾患、肺嚢胞性疾患、胆道拡張症・閉鎖症2(2)、肥厚性幽門狭窄症、虫垂炎、腸重積症、水腎症1(7)、膀胱尿管逆流症7(7)、停留精巣10(9)、鼠径ヘルニア(脱腸)、臍ヘルニア(出ベソ)から小児腫瘍4(5)まで多岐にわたっている。内視鏡手術は漏斗胸に対するナス法2(0)、鼠径ヘルニア38(13)、停留精巣1(2)、ヒルシュスプルング病1(2)、胃食道逆流症や食道裂孔ヘルニアに対する噴門形成術7(2)等である。近年の傾向として腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を希望する家族の増加がある。小児がんに対しては小児科、放射線科、腫瘍内科などと連携し、術前術後の末梢血幹細胞輸血・骨髄移植を含めた化学療法、放射線療法、手術を組み合わせた集学的治療を行い、良好な成績をあげている。小児の便秘等の日常的疾患の外来診療も行っている。, NICU、ICU、クリーンルーム、各種画像検査、内圧測定装置、24時間PHモニター、内視鏡、膀胱鏡、胸・腹腔鏡、NO吸入装置、HFOなど。, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域全般の診療を行っているが、特に聴覚、頭頸部腫瘍の診断・治療、研究に重点を置いている。特に頭頸部がんについては、全国の大学医学部で初めての「がんセンター」が設立され、講座、診療科の壁を取り払い、がん診療に関わる各々の部門が有機的に連携して、患者を中心とした世界レベルのがん診療体制が築かれている。また、末梢性顔面神経麻痺の病態解明や予後診断および治療、突発性難聴の病態解明や治療に関しては、他をリードする成果をあげている。誘発反応を用いた他覚的聴力検査をはじめ、めまい(眼球運動)のコンピューター解析を用いた診断、各種自己免疫疾患の病態解析および治療、頭頸部嚢胞性疾患に対する薬液注入療法など、多岐にわたり力を入れている。日本耳鼻咽喉科学会認定専門医研修施設。, 年間入院患者延べ数約9,500人。外来患者延べ数約17,000人。総手術件数655件、麻酔件数335件, MRI、CT、核医学、超音波、リニアック、聴性脳幹反応(ABR)、耳音響放射(OAE)、聴性定常反応(ASSR)、電気眼振計(ENG)、エレクトロニューロノグラフィー(ENoG)、各種内視鏡、サージトロン、マイクロデブリッダー、アルゴンプラズマレーザー、電気味覚計、嗅覚機能検査、鼻腔通気度検査などを備えている。, 山形県内唯一の特定機能病院歯科口腔外科として、口腔外科疾患全般に広く対応している。口唇裂口蓋裂治療は、県内の基幹病院、矯正歯科専門医や言語聴覚士と連携し、口唇形成術や口蓋形成術から言語治療および咬合治療まで一貫した治療を行う。口腔がんは大学病院全体のがん症例検討会において治療方針を検討し、耳鼻咽喉科、形成外科、放射線科、腫瘍内科等の関連科と連携をとり治療を行っている。顎変形症は県内矯正歯科専門医と連携をとり、定期的に勉強会を開催しながら治療を進めている。様々な基礎疾患を有する患者に対する歯科治療は、内科や麻酔科等と連携をとり十分な医療安全対策を行ったうえで歯科治療を行う体制が整っている。咬合再建のための歯牙移植や、インプラント治療およびインプラント埋入前の骨移植術による顎堤再建も積極的に施行している。また、現在、難治性開口障害への対応として独自の開口訓練器を開発し、臨床応用を開始している。, ★08年度初診患者件数;良性腫瘍59件、悪性腫瘍25件、外傷47件、炎症42件、嚢胞39件、先天奇形15件、顎変形症28件、顎関節疾患160件、神経性疾患10件、口腔粘膜疾患47件、唾液腺疾患6件、埋伏歯・智歯249件、う蝕歯周病514件、有床義歯68件、その他105件, 糖尿病・内分泌代謝内科を専門とし、この分野の疾患全般の診療を行っている。山形県唯一の大学附属病院であり、地域の住民、医療機関からの信頼が厚く、それに応えるべく、地域での活動(住民および医療者対象)に力を入れ、臨床・教育・研究の3分野においてトップレベルを目指している。, 当病院は特定機能病院として、種々の最先端医療設備を備えている。詳細はホームページ参照。, 一般内科の基本の上に各症例ごとに血液疾患の病態を把握・治療を行う。診療体制は複数主治医制をとる。対象はすべての血液疾患として、山形県内の要請に対応する。病院内でHLA検査、フローサイトメトリー、遺伝子検査、キメリズム解析を行い、迅速な対応を可能としている。骨髄移植・臍帯血移植認定施設。血液病室約20床。, 血液内科の入院患者は常時25人前後で、可能な限り、短期入院、外来治療、紹介元での治療を実施している。08年度年間新規入院患者数は70人、内訳は悪性リンパ腫38%、急性白血病12%、多発性骨髄腫11%、骨髄異形成症候群6%の他、再生不良性貧血、赤芽球癆、特発性血小板減少性紫斑病、血球貪食症候群などである。年間延べ入院患者数は130人。移植については08年度は同種造血幹細胞移植8人、臍帯血移植3人、自家末梢血幹細胞移植7人である。同年の急性骨髄性白血病の無病生存率は66%、悪性リンパ腫の無病生存率は81%である。急性白血病の治療は日本成人白血病研究グループ(JALSG)に参加し、そのプロトコールに基づいた治療を行っている。悪性リンパ腫の治療は、病理医と定期的な標本カンファレンスを行い、情報共有、正確な診断のもとに治療方針を決定している。悪性リンパ腫の自家移植についてはTohoku Hematology Forum(THF)の臨床試験に参加している。慢性骨髄性白血病、多発性骨髄腫についても臨床試験に参加、患者さんには積極的な登録をお願いしている。患者さんの治療方法の選択にあたっては、可能な限り、その根拠を得る努力をするが、根拠がない場合も多く、患者さんと共に悩みながら治療法を選択する場合も少なくない。, 専門はリウマチ・膠原病の診断・治療全般。リウマチ・膠原病における早期診断、全身状態評価から、基本的薬物治療、生物学的製剤、血漿交換、血液吸着、白血球吸着まで幅広く対応する。同じ講座内に循環器、呼吸器グループをもつため、特にリウマチ・膠原病の合併症診療、全身管理が充実している。, リウマチ・膠原病の外来患者数は月約200人(うち関節リウマチは120人)、入院患者数は年間約150人, 嘉山主任教授の手術方法の開拓により、安全確実な手術において脳神経外科の各専門分野で治療法のオピニオンリーダー的存在となり、どの専門分野においても、これまでの治療成績やエビデンス(科学的根拠)を超え、より良い治療成績を得られるよう新たなエビデンスの発信を目指してる。また、自科にこだわった治療方針でなく、院内・院外の他科との詳細な検討のうえ、multimodality(手術のみでなく様々な治療機器を用いること)により、常に長期治療成績を念頭に置いた機能温存治療を第一義としている。特に、覚醒下手術においては、当科にawake surgery研究会事務局があり世界に先駆けたガイドラインを作成するなど、草分け的な存在である。さらに診療のみならず、大学としての教育、研究にも最大限の力を注ぎ、地域全体の診療レベルの向上を目指した生涯教育体制を敷いている。, CT、3d-CTA&V、MRI、perfusion MRI、DSA、SPECT、エコーが24時間体制で可能、MEG、PET、functional MRI、EEG、video EEG、NIRSなど最新診断機器完備。術中MRI、術中DSA、術中蛍光診断、最新顕微鏡、ナビゲーションシステム、術中MRIによるアップデートナビゲーション、神経モニタリング機器、術中EEG、覚醒下手術用モニター、定位脳手術装置、手術シミュレーション装置、神経内視鏡、術中エコーなど最新手術支援装置完備。, 一般の単純写真からCT、MRI、核医学、心臓カテーテル検査を除いて頭から足までの血管撮影など、すべての診断部門を担当し、当日中の迅速、かつ正確な画像診断、報告書の作成を日常業務としている。新たな知見を求めてレビューするとともに、放射線診療技師と協力しながら、新たな診断法、検査法の開発に力を入れている。日本核医学会専門医教育施設に認定されており、形態、機能画像評価法の開発を行っている。また画像診断技術を用いた低侵襲の治療であるインターベンショナル・ラジオロジーの修練施設となっており、頭頸部、腹部を中心に積極的に取り組んでいる。, ★画像診断部門の09年度の検査件数はCT 15,000件、MRI 7,500件、核医学2,000件、血管造影およびインターベンショナル・ラジオロジー(IVR)500件であった, 64列MDCT 2台、MRI(3テスラ1台、1.5テスラ2台)、IVR-CT(64列MDCT)1台、シネアンギオ1台、アンギオ1台、SPECT-CT 2台, 日本放射線腫瘍学会認定施設で、3人の放射線治療専門医、2人の放射線治療専攻医、放射線科後期研修医数人が在籍している。医学物理士・放射線治療専門技師により、厳格な質的基準が維持されている。がん患者さんの治療方針は、原則として複数科の専門医・コメディカルスタッフが参加するキャンサートリートメントボード(CTB)にて決定されており、ガイドラインでは対応できないようながんに対しても、各専門科の知識と技術を集約し最適な治療方針を決定している。10年より放射線治療棟の新築移転に伴い、2台の世界最先端の画像誘導機能付きのリニアックが稼働を開始。頭頸部・体幹部の強度変調放射線治療(IMRT)、定位放射線治療、画像誘導放射線治療(IGRT)、呼吸同期照射など、世界最先端の放射線治療が可能となった。, 09年の初診患者数は384人。原発臓器別の内訳は、脳脊髄27人、頭頸部40人、肺縦隔(肺)31(24)人、乳腺58人、肝胆膵11人、消化管11人、婦人科34人、泌尿器科(前立腺)64(39)人、血液22人、皮膚骨軟部9人、その他9人、良性3人、小児11人。治療内容の内訳は、外照射355人、腔内照射(婦人科がん)8人、全身照射11人、甲状腺がんヨード治療9人、ストロンチウム治療10人である。93年11月から00年4月までの当院の乳房温存術後放射線治療の治療成績は、5年生存率98.2%・無再発生存率97.4%である。, リニアック2台、治療計画専用マルチスライスCT、3次元治療計画装置7台、高線量率イリジウムアフターローディング装置、RI病室、一般病室など。, 様々な領域のがん治療を担当する診療科として07年6月に新設された。がん化学療法を専門的に行いながら、がん治療のトータルコーディネーターの役割を担っている。必要であれば外科治療や放射線治療を組み合わせた集学的治療や、緩和治療など最適と思われる治療を進めていく。また、院内検討会(キャンサートリートメントボード:CTB)を主催しており、他診療科のがん治療にも専門的なアドバイスをしている。山形大学腫瘍内科が診療対象としている疾患は非常に幅広く、消化器がん(食道がん、胃がん、結腸直腸がん、膵胆道がん)の化学療法並びに放射線との併用療法、肺がんの化学療法並びに放射線との併用療法、乳がんの化学療法、原発不明がんの診断治療、悪性軟部腫瘍の化学療法、その他の悪性腫瘍のセカンドオピニオンなどである。診療相談をしながら地元で治療継続も可能である。詳しくは腫瘍内科ホームページを参照。http://www.id.yamagata-u.ac.jp/Med_Oncology/index.html, 07年6月から09年12月までの入院患者数は胃がん94人、食道がん61人、結腸直腸がん18人、膵胆道がん10人、胸部悪性腫瘍(肺がん・縦隔腫瘍など)38人、乳がん5人、悪性リンパ腫17人、原発不明がん36人、悪性軟部腫瘍17人、その他(副腎がん、皮膚がん・悪性黒色腫など)14人である。治療困難例や、まれながん症例も積極的に受け入れている。また、新たな治療法確立のためにJCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)、JACCRO(日本がん臨床試験推進機構)、T-CORE(東北臨床腫瘍研究会)などにも参加している。, WHO方式がん疼痛治療法に則って、非がん性疼痛に対しても中等度以上の身体的痛みに対しては、医療用麻薬の内服治療を行っている。特にモルヒネについて、その特性と使用方法などを患者が理解し納得できるよう丁寧に説明し、患者自身で痛みをコントロールする「痛みの自己管理」ができるよう徹底的な支援を行っている(山形大学方式モルヒネ内服治療)。外来で行っている神経ブロックは星状神経節ブロックのみである。. ローバー ミニ バルタン ショック 5, 交流会 かっこいい 言い方 57, Webアプリ 開発環境 おすすめ 4, よしや 意味 高瀬舟 18, 東京マルイ スコープ 説明書 6, 高校野球 応援歌 原曲 14, 朝海 ひかる ツイッター コスモス 5, 藤沢 映画館 閉館 8, 佐々木蔵之介 ディナーショー 2020 14, 乃木坂シネマズ 秋元 禁止事項 14, 彼氏 本気度 結婚 12, 忍たま スレ まとめ 20, 百五銀行 通帳 引き出し 窓口 41, 佐々木みゆ 聖教新聞 Cm 10, 辻希美 妊娠 つわり 11, 警衛 警護 違い 19, 稲葉 身長 野球 4, あさチャン 視聴率 2020 4, シューベルト 冬の旅 解説 34, まえだまえだ 弟 病気 6, 赤い霊柩車 30 エンディング 8, キャメロン ジャニーズ 本名 6, スーツ2 ネタバレ 日本 20, Ps4 コントローラー充電器 コンビニ 6, サックス マウスピース 寿命 15, 無双 意味 ネット 6, テレワーク 段ボール 部屋 7, Animenz Piano Sheets Animenz Piano Sheets 4, Soundflower 音量 小さい 44, 朝日バス 定期 購入場所 大宮 9, アメブロ 履歴 削除 Iphone 19, Ark ラグナロク ジャングル洞窟 4, Hihi Jets デビュー 7, キム ジユ 子役 19, オールデン ローファー 986 7, 山口百恵 引退 マイク置く 32, プラージュ ドラマ 再 放送 15, あおい輝彦 あなただけを コード 4, ツイキャス 低遅延 設定 8, 新型デリカ D5 Dpf 14, 翔 と キラキラ 8, Myojo 10月号 2020 予約 25, 小林由依 センター 曲 8, わいわい 実況 おすすめ 42, 有吉 巨人 Tver 12, ヤマハ セッション アプリ 8, Aviutl モーショントラッキング 応答なし 16, レオナルド 浦和 年俸 17, 永野芽郁 兄 名前 11, 消毒液 使用期限切れ 効果 未開封 14, 小 腸炎 Ct 11, 射的台 手作り 作り方 48, 韓国ドラマ 美しい世界 Ost 57, 立川志らく 2ch まとめ 15, 野替愁平 彼女 ゆかり 10, ケンウッド ドライブレコーダー 610 不具合 9, あつ森 髪型 クール 4, メッシ クリロナ なんj 4, スパクロ リセマラ 方法 12, ステラリッジ グランドシート 使い方 8, 砂時計 ドラマ 大悟役 10, 室伏広治 伝説 水曜日のダウンタウン 44, キム ジス 俳優 10, ワイキキ ショア 1304 7, 2009 ヤンキース なんj 9, 佐藤藍子 結婚 子供 59, 星 ドラ 盾 力 12, Mp7 チャンバー 気密 24, かんあき ぎんた 障害 11, 股下 60cm バイク 16, Ykk 八代 求人 11, イオンネットスーパー で マスク 買える 8, Twice スマホスタンド 作り方 7, 栃木 県 手巻きタバコ 14, ヒール 外側 削れる 43, 札幌 税理士 持続化給付金 5, 脳腫瘍 ブログ Bnct 5, リーグ戦 日程 作成 5, Trello Outlook 連携 16, Am 0時 いつ 4, 良い 類語 ビジネス 36, Cordilheira Itamaraty Login 8, " />
7 0 obj ��7����"YlK�PT,�� 建物が別なので、入口も別になっています。 6 0 obj )�FV �� �Ī�с�a�`�0W�����3=�tHv��.�0����e�X�&[���zȾN�9�5I�� 山形大学医学部附属病院の詳細を見る 023-633-1122 ホームページへ: 外来受付時間 月 火 水 木 金 土 日 祝 8:30~11:00 休診日: 土、日、祝 備考: 診察は9:00開始、診療日時は科目により異なる なるべく紹介状持参を推奨 2002年1月 山形大学医学部教授 内科学第一講座. 街中にあるので、…続きをみる, 回答者:50代  女性  勤務先:診療所, 開業医さんですが、MRI完備されています。 ベテランから若いスタッ...続きをみる, 3年ほど前にずっとお世話になっていたお医者さんです。 *%C�,gVu�N�0R9bM=*%�}hR\�6!��+ۆ�in&X[j��Iճ�x!�C��%d�oH�Sd,� �bϕBT��J�P6$�M�d����Ѳ�u��A^;�yܳ]�76�ݩv�� ˌ��[�T5���xl���54�mRB�F�dh���ntX��Jl�Q)٘��$6��2v ��-cG߂(��n{������\��V�HC6��֚�>��mbv!�f��5���!2)���.���.�s���(?�e���C���dH��~��ʐ�-s�_�`(C�P��UJ6ʐ&�r�����Ӝ�Ņ%͉�`��f�l���o�`�߅q�O$�䫄ᯘz��74�=� a��v}C�XkY�7:�B��0v@k��a�o�0�Q���{���OLɥ>��E���0sZ)� �l`��SzRX� �ړVu���Qb��QbU���P7J���\��o3L�D*��)m� ��[�M���m�ݕ��������Ŏ�ߕ��琜ʷ0�߲}�v�u���o�M����UU��x�� 2 0 obj endobj 山形大学医学部国際交流危機管理マニュアル(H28.9改正) new! << /Contents 17 0 R /Group << /CS /DeviceRGB /S /Transparency /Type /Group >> /MediaBox [ 0 0 595.2 841.68 ] /Parent 2 0 R /Resources << /ExtGState << /GS11 10 0 R /GS5 11 0 R >> /Font << /F1 12 0 R /F2 13 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text /ImageB /ImageC /ImageI ] >> /Tabs /S /Type /Page >> 3 0 obj �žKd0́.��?{��(��w�O������U��y&�Q���"���5](c�%k�M#��}V��l�m4�S�6~Y511͘�)�y9n��p�t֍=�Bڈ��S1B�? �oHlp"�yΎ�����*�A�'W�?���m�����`����ŭ�Zb��N���2eN+S~��PK�9���~a�sJ��&b�������e^rs޶��MO\�5��6�Ĉ�͵�Y]����$'j���B��䱯����(�_�w|��vn29��!qq7&�E�ѥ( 昭和大学医学部リウマチ膠原病内科 助教(員外) 2013年4月- 2014年3月: 日本赤十字医療センターアレルギーリウマチ科 医員: 2014年4月- 2014年9月: 昭和大学医学部リウマチ膠原病内科 助教(員外) 2014年10月- 現在: 昭和大学医学部リウマチ膠原病内科 助教 ˟L�0t ���a���ݗ"eU��,�g << /Contents 18 0 R /Group << /CS /DeviceRGB /S /Transparency /Type /Group >> /MediaBox [ 0 0 595.2 841.68 ] /Parent 2 0 R /Resources << /ExtGState << /GS11 10 0 R /GS5 11 0 R >> /Font << /F1 12 0 R /F2 13 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text /ImageB /ImageC /ImageI ] >> /Tabs /S /Type /Page >> %PDF-1.7

お見舞いに行くたびに、良くなって行く姿を見られたのはよかったです。 h޼S_HSQ������8 Ѱd5�t/ŌQ,[:W��a��(�Ý���X u�� 今回は内科を受診しましたが、先生は温厚な感じで症状をじっくり聞いてもらえ…続きをみる, 回答者:50代  女性  勤務先:診療所, 文字通り消化器内科を専門領域としており、その教育、診療、研究に当たっている。伝統ある消化器内科学教室として全国的にも高く評価されており、「やさしい医者、考える医者」をモットーに患者の立場に立って診療することを心がけている。診療は大きく、消化管(上部・下部)、胆膵、肝臓の3つの部門に分かれているが、部門ごとに外科や放射線科あるいは腫瘍内科とのカンファレンスを行い、集学的治療を実践している。, 外来患者数は09年度で1日平均115人、年間約28,000人である。新患・一般再診外来は週5日あり、専門外来は胃外来、腸外来、胆膵外来、肝臓外来を開いている。病棟は56床、09年度の入院患者延べ数は約19,000人, CT、MRI、電子ファイバースコープ(上部、小腸、下部;NBI対応)、カプセル内視鏡、EUS、超音波(RVS・ARFI対応)、PET-CT(2011年導入予定)。, 消化管外科、肝胆膵外科、乳腺・甲状腺外科の各領域において専門分野の医師が診療にあたる。専門的な知識や高度な技術を必要とする、各臓器の悪性腫瘍根治手術から炎症性疾患、生体肝移植のみならず、急性虫垂炎、鼠径ヘルニア、痔核などの一般的な疾患の手術も行っている。また、悪性腫瘍に対する集学的な治療を必要とする分野については、腫瘍内科、放射線科と連携し、適切な治療方針を打ち立て、患者さん一人ひとりに適正なオーダーメイドな治療を行うことを信条としている。, 山形大学医学部外科学第1講座(消化器・乳腺甲状腺・一般外科学)における最近12年間の肝胆膵手術連続512例において「手術在院死亡なし」を更新中, 当院は呼吸器疾患全般の診療を行っている。急性呼吸不全や感染症、肺がんの診療もさることながら、特に慢性閉塞性肺疾患(COPD)においては遺伝子などの研究レベルから、診断・治療・早期リハビリなどの臨床レベルまで総合的な医療を行っている。, 年間入院患者は約320例前後で、慢性閉塞性肺疾患10%、感染症22%、肺がん33%、間質性肺炎7%、気管支喘息3%、気胸5%や急性呼吸不全などである。年間気管支鏡検査は約300例、そのうち経気管支肺生検は約100例、気管支肺胞洗浄を約30例施行している, CT 3台、MRI 2台、核医学検査、気管支ファイバースコープ、精密肺機能検査など。, 呼吸器病センターとして、呼吸器内科との連携のもとに病棟が運営され、原発性肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍等を中心に治療を行っている。手術室はハイビジョン映像が導入され、CT等が放射線部と直結し詳細な解析が可能なハイテク施設となった。肺の表面付近の腫瘍は、胸腔鏡で部分切除が行われるものの、深い部位の腫瘍は胸腔鏡下切除が困難とされていた。画像をコンピューター処理し、部分切除と同等のアクセスで完全胸腔鏡下区域切除を行い、さらなる低侵襲術式と器具を開発している。この方法は超高齢者の肺がんや転移性肺腫瘍にも有用で、術後3日ほどで退院可能である。進行がんは腫瘍内科等との治療会議を毎週施行し、集学的治療を行っている。, 09年の手術件数は180例で、原発性肺がん72例、転移性肺腫瘍15例、縦隔腫瘍20例など。非小細胞肺がんでI、II、IIIA期のうちN1(肺がんと同側のリンパ節に転移がある)は完全切除を第一選択とする。CT上、すりガラス状の影の小型肺がんが増加し、肺の切除範囲は小さくて済むようになってきた。比較的早期の肺がんは完全内視鏡で行い、痛みが軽く早期退院が可能である。IIIA期の縦隔リンパ節転移症例は、術前化学療法の後に手術を施行している。IIIB期以上は非手術療法が中心となるが、気管分岐部や心房などへの局所浸潤例は、積極的手術を基本に集学的な治療を行う。肺がん手術1,213例の病期別5年生存率は、旧分類IA期81%、IB期62%、IIA期41%、IIB期37%、IIIA期35%、IIIB期25%、IV期13%である。胸腔内出血や膿胸にも器具を自作工夫し、短時間に行っている。, 虚血性心疾患(急性心筋梗塞や狭心症)、心不全(心筋症、弁膜症、先天性心疾患)、不整脈(頻脈性不整脈、徐脈性不整脈)、肺高血圧症など、幅広い循環器疾患領域に対して高度先進医療の提供に取り組んでいる。第1内科は、循環器内科と呼吸器内科と腎臓内科の、他に類をみない混合診療科である。したがって、心疾患に合併することの多い心肺関連疾患(肺気腫など)や心腎関連疾患(腎不全など)に対して包括的な検査・治療方針の検討を行うことが可能である。また、急性心筋梗塞や急性心不全などの急患に対して、24時間対応している。レベルの高い心臓血管外科との連携によって、様々な患者さんのニーズを考慮しながら外科的あるいは内科的治療方針を決定している。, 循環器病棟は循環器病センターとして、心臓血管外科と循環器内科スタッフが同じ病棟に混合しており、外科手術患者も入院から退院まで、一貫して同じ看護師チームが担当している。心臓超音波検査(年間約3,000件)は、特に経食道超音波検査は年間150件で、脳梗塞症例や弁膜症症例には積極的に行い、詳細な検討を加え治療指針を決定している。運動負荷試験(年間約200件)、心臓核医学検査(年間約400件)、心臓CT(年間約350件)は、狭心症の疑われる症例、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常症など危険因子を合併している場合には、心臓カテーテル検査に代わる非侵襲的検査として外来検査を行っている, 心臓超音波装置4台、ホルター心電計10台、64列マルチスライスCT 2台、MRI 3台、心臓核医学検査、トレッドミル、心臓カテーテル装置2台など。, 小児から高齢者に至る心臓血管疾患を扱っている。診療体制は実質的な「循環器病センター」となっており、循環器内科(第1内科)と同一病棟、看護体制も共通となっている。これにより内科―外科診療科間の日常的に密接な連携が図られ、治療法決定のための定期的カンファレンスも活発である。診断確定(内科)→治療法の決定(内科、外科)→外科的加療(外科)→術後検査および最適な薬物療法決定(内科)などベストな治療がスムーズになされている。また、第2外科として心臓血管外科の他に、密接に関連する呼吸器外科、小児外科を診療体制の3本柱として有しており、毎朝カンファレンスで症例検討を行い、幅広い専門的な見地から最良の治療法を選択している。, 09年の年間手術件数は第2外科全体で619件であり、そのうち、心臓血管外科手術は223例(うち、心臓および胸部大血管手術142例)であった。内訳は小児先天性心疾患34例、弁膜症疾患52例、冠動脈疾患31例、胸部大動脈瘤15例、その他心臓手術10例で、腹部大動脈以下の末梢血管手術59例であった。僧房弁閉鎖不全に対しては40%の症例に弁形成を施行、大動脈弁に対しては生体弁か機械弁を患者さんの年齢やニーズを考慮して選択している。冠動脈パイパス術では全例が心拍動下であり、87%がオフポンプバイパスであった。また、手術の対象となる症例も新生児8例、80歳以上の高齢者が16例と広範囲の年齢層にわたり、24時間以内の緊急手術11例、血液透析症例6例などと重症化している。術後30日以内の手術死亡は先天性2例、後天性心臓2例・血管2例で、全体の院内死亡率は2.6%であった。, MRI、CT、MDCT、DSA、シネアンギオ装置、人工心肺、PCPS、IABP、CHDF。, 専門は腎臓病と膠原病の診断・治療全般。関連分野として膠原病、高血圧も担当する。腎疾患の早期診断・治療から、保存期腎不全、透析導入、腎移植までの腎疾患全般に幅広く対応する。, 腎疾患の外来患者数は月約300人、入院患者数は年間約200人、腎生検数は年間約60件である, 入院病床16床。透析ベッド5床、ICU、CT、MRI、血管撮影、腎シンチグラフィ等。, 診断から治療まで、トータルケアを心がけている。患者さん一人ひとりに最適な治療を、多面的に考慮する。クリニカルエビデンス(医学的根拠)のみに基づいた紋切り型の治療にはとらわれない。モットーは「丁寧な診断治療。質を保証する数は必要だが、数は質を保証しない」。診療困難がん症例については科横断的なキャンサートリートメントボードでの検討を行い、総合的な治療指針を策定する。, 当院は急性期治療を担う県内唯一の大学病院であり、リハビリテーションも、高度集中治療室でのベッドサイドリハをはじめとする急性期リハが中心となっている。一方、神経難病、脳腫瘍、小児疾患など難治例に対しては、ベッドサイドリハから難病疾患の退院にむけての環境整備までの包括的なリハビリを行っている。, 最近5年間の患者数は毎年約1,200人である。対象は、整形外科入院患者が約4割で他科入院の患者が約6割である。リハビリ科独立の入院ベッドはないが、医師は整形外科を兼務しており、整形外科入院患者の細かな決定や調整ができている。そのほかの当院リハビリ科の特徴を以下に挙げる, 多用途筋機能評価訓練装置(Biodex)、筋電計、重心動揺計、各種物理療法機器など。, 医学部全体で山形県のがんセンターとして機能している。病院再整備の結果、09年夏から産婦人科病棟も新しく機能的になっている。エビデンス(科学的根拠)や各種ガイドラインに基づいた治療を心がけており、診断から治療まで一環して行っている。治療と病状の説明は、平易かつ多角的に行っている。セカンドオピニオンは随時受け入れている, 09年の成績は、総手術件数257例、婦人科手術198例、うち腹腔鏡下手術59例であったが、例年通り合併症や進行悪性腫瘍の手術が多い。緊急手術も例年1~2割を占める, コルポスコープ、子宮鏡、体外受精ユニット、各種超音波機器、PWV、CT、MRI、放射線施設などを備えている。, 各疾患領域を専門とする医師がそろっており、それぞれ高度医療を行っている。特に、新生児の外科疾患や先天性心疾患および腫瘍性疾患など、外科系各科や放射線科などの専門各科との連携が必要な疾患に関して、集学的な診療が可能である。また、各分野の難治例や重症例に関して、県内の各関連病院との連携をとりながら、より専門性の高い医療を提供している。救急外来は、基礎疾患がある患者や2次救急病院からの紹介患者に関して、24時間小児科医師が対応する体制が整っている。また、遺伝性ニューロパチー、先天性中枢性低換気症候群、脳形成障害、先天性内分泌・代謝異常などの遺伝子診断を精力的に行っている。, 小児科病棟34床(うち、乳児室6床)、他にGCU 3床、NICU 6床。09年入院患者数は延べ340人。外来受診は主に専門外来となるが、1日平均40~45人, CT、MRI、超音波検査、脳波、SPECT、呼吸機能検査、DEXA、血管造影(心臓カテーテルなど)、無菌室、感染対策陰圧室。, 小児科はじめ外科系診療科と連携して専門的医療を提供している。病気を治すのはもちろんのこと、より侵襲の低い手術、機能を重視した手術を心がけている。手術を受けた子の生涯にわたる心のケアのため、美容的な観点から創(きず)を最小限にするような手術が重要であると考えており、内視鏡下手術も積極的に取り入れている。治療方針はご家族と話し合い、一人ひとりにマッチした最善の治療とQOL(生活の質)向上を目指している。, ここ数年の年間手術件数は約200件、そのうち新生児手術は約20件で、内視鏡手術は年間約50件である。09年度(08年度)の症例の内訳は、先天性食道閉鎖症4(1)、直腸肛門奇形3(2)、先天性十二指腸閉鎖症5(1)、先天性小腸閉鎖症1(1)、先天性横隔膜ヘルニア2(1)、腹壁異常症1(2)、腸回転異常症手術1(1)などであった。乳児期以降の手術症例は頭頸部疾患、肺嚢胞性疾患、胆道拡張症・閉鎖症2(2)、肥厚性幽門狭窄症、虫垂炎、腸重積症、水腎症1(7)、膀胱尿管逆流症7(7)、停留精巣10(9)、鼠径ヘルニア(脱腸)、臍ヘルニア(出ベソ)から小児腫瘍4(5)まで多岐にわたっている。内視鏡手術は漏斗胸に対するナス法2(0)、鼠径ヘルニア38(13)、停留精巣1(2)、ヒルシュスプルング病1(2)、胃食道逆流症や食道裂孔ヘルニアに対する噴門形成術7(2)等である。近年の傾向として腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を希望する家族の増加がある。小児がんに対しては小児科、放射線科、腫瘍内科などと連携し、術前術後の末梢血幹細胞輸血・骨髄移植を含めた化学療法、放射線療法、手術を組み合わせた集学的治療を行い、良好な成績をあげている。小児の便秘等の日常的疾患の外来診療も行っている。, NICU、ICU、クリーンルーム、各種画像検査、内圧測定装置、24時間PHモニター、内視鏡、膀胱鏡、胸・腹腔鏡、NO吸入装置、HFOなど。, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域全般の診療を行っているが、特に聴覚、頭頸部腫瘍の診断・治療、研究に重点を置いている。特に頭頸部がんについては、全国の大学医学部で初めての「がんセンター」が設立され、講座、診療科の壁を取り払い、がん診療に関わる各々の部門が有機的に連携して、患者を中心とした世界レベルのがん診療体制が築かれている。また、末梢性顔面神経麻痺の病態解明や予後診断および治療、突発性難聴の病態解明や治療に関しては、他をリードする成果をあげている。誘発反応を用いた他覚的聴力検査をはじめ、めまい(眼球運動)のコンピューター解析を用いた診断、各種自己免疫疾患の病態解析および治療、頭頸部嚢胞性疾患に対する薬液注入療法など、多岐にわたり力を入れている。日本耳鼻咽喉科学会認定専門医研修施設。, 年間入院患者延べ数約9,500人。外来患者延べ数約17,000人。総手術件数655件、麻酔件数335件, MRI、CT、核医学、超音波、リニアック、聴性脳幹反応(ABR)、耳音響放射(OAE)、聴性定常反応(ASSR)、電気眼振計(ENG)、エレクトロニューロノグラフィー(ENoG)、各種内視鏡、サージトロン、マイクロデブリッダー、アルゴンプラズマレーザー、電気味覚計、嗅覚機能検査、鼻腔通気度検査などを備えている。, 山形県内唯一の特定機能病院歯科口腔外科として、口腔外科疾患全般に広く対応している。口唇裂口蓋裂治療は、県内の基幹病院、矯正歯科専門医や言語聴覚士と連携し、口唇形成術や口蓋形成術から言語治療および咬合治療まで一貫した治療を行う。口腔がんは大学病院全体のがん症例検討会において治療方針を検討し、耳鼻咽喉科、形成外科、放射線科、腫瘍内科等の関連科と連携をとり治療を行っている。顎変形症は県内矯正歯科専門医と連携をとり、定期的に勉強会を開催しながら治療を進めている。様々な基礎疾患を有する患者に対する歯科治療は、内科や麻酔科等と連携をとり十分な医療安全対策を行ったうえで歯科治療を行う体制が整っている。咬合再建のための歯牙移植や、インプラント治療およびインプラント埋入前の骨移植術による顎堤再建も積極的に施行している。また、現在、難治性開口障害への対応として独自の開口訓練器を開発し、臨床応用を開始している。, ★08年度初診患者件数;良性腫瘍59件、悪性腫瘍25件、外傷47件、炎症42件、嚢胞39件、先天奇形15件、顎変形症28件、顎関節疾患160件、神経性疾患10件、口腔粘膜疾患47件、唾液腺疾患6件、埋伏歯・智歯249件、う蝕歯周病514件、有床義歯68件、その他105件, 糖尿病・内分泌代謝内科を専門とし、この分野の疾患全般の診療を行っている。山形県唯一の大学附属病院であり、地域の住民、医療機関からの信頼が厚く、それに応えるべく、地域での活動(住民および医療者対象)に力を入れ、臨床・教育・研究の3分野においてトップレベルを目指している。, 当病院は特定機能病院として、種々の最先端医療設備を備えている。詳細はホームページ参照。, 一般内科の基本の上に各症例ごとに血液疾患の病態を把握・治療を行う。診療体制は複数主治医制をとる。対象はすべての血液疾患として、山形県内の要請に対応する。病院内でHLA検査、フローサイトメトリー、遺伝子検査、キメリズム解析を行い、迅速な対応を可能としている。骨髄移植・臍帯血移植認定施設。血液病室約20床。, 血液内科の入院患者は常時25人前後で、可能な限り、短期入院、外来治療、紹介元での治療を実施している。08年度年間新規入院患者数は70人、内訳は悪性リンパ腫38%、急性白血病12%、多発性骨髄腫11%、骨髄異形成症候群6%の他、再生不良性貧血、赤芽球癆、特発性血小板減少性紫斑病、血球貪食症候群などである。年間延べ入院患者数は130人。移植については08年度は同種造血幹細胞移植8人、臍帯血移植3人、自家末梢血幹細胞移植7人である。同年の急性骨髄性白血病の無病生存率は66%、悪性リンパ腫の無病生存率は81%である。急性白血病の治療は日本成人白血病研究グループ(JALSG)に参加し、そのプロトコールに基づいた治療を行っている。悪性リンパ腫の治療は、病理医と定期的な標本カンファレンスを行い、情報共有、正確な診断のもとに治療方針を決定している。悪性リンパ腫の自家移植についてはTohoku Hematology Forum(THF)の臨床試験に参加している。慢性骨髄性白血病、多発性骨髄腫についても臨床試験に参加、患者さんには積極的な登録をお願いしている。患者さんの治療方法の選択にあたっては、可能な限り、その根拠を得る努力をするが、根拠がない場合も多く、患者さんと共に悩みながら治療法を選択する場合も少なくない。, 専門はリウマチ・膠原病の診断・治療全般。リウマチ・膠原病における早期診断、全身状態評価から、基本的薬物治療、生物学的製剤、血漿交換、血液吸着、白血球吸着まで幅広く対応する。同じ講座内に循環器、呼吸器グループをもつため、特にリウマチ・膠原病の合併症診療、全身管理が充実している。, リウマチ・膠原病の外来患者数は月約200人(うち関節リウマチは120人)、入院患者数は年間約150人, 嘉山主任教授の手術方法の開拓により、安全確実な手術において脳神経外科の各専門分野で治療法のオピニオンリーダー的存在となり、どの専門分野においても、これまでの治療成績やエビデンス(科学的根拠)を超え、より良い治療成績を得られるよう新たなエビデンスの発信を目指してる。また、自科にこだわった治療方針でなく、院内・院外の他科との詳細な検討のうえ、multimodality(手術のみでなく様々な治療機器を用いること)により、常に長期治療成績を念頭に置いた機能温存治療を第一義としている。特に、覚醒下手術においては、当科にawake surgery研究会事務局があり世界に先駆けたガイドラインを作成するなど、草分け的な存在である。さらに診療のみならず、大学としての教育、研究にも最大限の力を注ぎ、地域全体の診療レベルの向上を目指した生涯教育体制を敷いている。, CT、3d-CTA&V、MRI、perfusion MRI、DSA、SPECT、エコーが24時間体制で可能、MEG、PET、functional MRI、EEG、video EEG、NIRSなど最新診断機器完備。術中MRI、術中DSA、術中蛍光診断、最新顕微鏡、ナビゲーションシステム、術中MRIによるアップデートナビゲーション、神経モニタリング機器、術中EEG、覚醒下手術用モニター、定位脳手術装置、手術シミュレーション装置、神経内視鏡、術中エコーなど最新手術支援装置完備。, 一般の単純写真からCT、MRI、核医学、心臓カテーテル検査を除いて頭から足までの血管撮影など、すべての診断部門を担当し、当日中の迅速、かつ正確な画像診断、報告書の作成を日常業務としている。新たな知見を求めてレビューするとともに、放射線診療技師と協力しながら、新たな診断法、検査法の開発に力を入れている。日本核医学会専門医教育施設に認定されており、形態、機能画像評価法の開発を行っている。また画像診断技術を用いた低侵襲の治療であるインターベンショナル・ラジオロジーの修練施設となっており、頭頸部、腹部を中心に積極的に取り組んでいる。, ★画像診断部門の09年度の検査件数はCT 15,000件、MRI 7,500件、核医学2,000件、血管造影およびインターベンショナル・ラジオロジー(IVR)500件であった, 64列MDCT 2台、MRI(3テスラ1台、1.5テスラ2台)、IVR-CT(64列MDCT)1台、シネアンギオ1台、アンギオ1台、SPECT-CT 2台, 日本放射線腫瘍学会認定施設で、3人の放射線治療専門医、2人の放射線治療専攻医、放射線科後期研修医数人が在籍している。医学物理士・放射線治療専門技師により、厳格な質的基準が維持されている。がん患者さんの治療方針は、原則として複数科の専門医・コメディカルスタッフが参加するキャンサートリートメントボード(CTB)にて決定されており、ガイドラインでは対応できないようながんに対しても、各専門科の知識と技術を集約し最適な治療方針を決定している。10年より放射線治療棟の新築移転に伴い、2台の世界最先端の画像誘導機能付きのリニアックが稼働を開始。頭頸部・体幹部の強度変調放射線治療(IMRT)、定位放射線治療、画像誘導放射線治療(IGRT)、呼吸同期照射など、世界最先端の放射線治療が可能となった。, 09年の初診患者数は384人。原発臓器別の内訳は、脳脊髄27人、頭頸部40人、肺縦隔(肺)31(24)人、乳腺58人、肝胆膵11人、消化管11人、婦人科34人、泌尿器科(前立腺)64(39)人、血液22人、皮膚骨軟部9人、その他9人、良性3人、小児11人。治療内容の内訳は、外照射355人、腔内照射(婦人科がん)8人、全身照射11人、甲状腺がんヨード治療9人、ストロンチウム治療10人である。93年11月から00年4月までの当院の乳房温存術後放射線治療の治療成績は、5年生存率98.2%・無再発生存率97.4%である。, リニアック2台、治療計画専用マルチスライスCT、3次元治療計画装置7台、高線量率イリジウムアフターローディング装置、RI病室、一般病室など。, 様々な領域のがん治療を担当する診療科として07年6月に新設された。がん化学療法を専門的に行いながら、がん治療のトータルコーディネーターの役割を担っている。必要であれば外科治療や放射線治療を組み合わせた集学的治療や、緩和治療など最適と思われる治療を進めていく。また、院内検討会(キャンサートリートメントボード:CTB)を主催しており、他診療科のがん治療にも専門的なアドバイスをしている。山形大学腫瘍内科が診療対象としている疾患は非常に幅広く、消化器がん(食道がん、胃がん、結腸直腸がん、膵胆道がん)の化学療法並びに放射線との併用療法、肺がんの化学療法並びに放射線との併用療法、乳がんの化学療法、原発不明がんの診断治療、悪性軟部腫瘍の化学療法、その他の悪性腫瘍のセカンドオピニオンなどである。診療相談をしながら地元で治療継続も可能である。詳しくは腫瘍内科ホームページを参照。http://www.id.yamagata-u.ac.jp/Med_Oncology/index.html, 07年6月から09年12月までの入院患者数は胃がん94人、食道がん61人、結腸直腸がん18人、膵胆道がん10人、胸部悪性腫瘍(肺がん・縦隔腫瘍など)38人、乳がん5人、悪性リンパ腫17人、原発不明がん36人、悪性軟部腫瘍17人、その他(副腎がん、皮膚がん・悪性黒色腫など)14人である。治療困難例や、まれながん症例も積極的に受け入れている。また、新たな治療法確立のためにJCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)、JACCRO(日本がん臨床試験推進機構)、T-CORE(東北臨床腫瘍研究会)などにも参加している。, WHO方式がん疼痛治療法に則って、非がん性疼痛に対しても中等度以上の身体的痛みに対しては、医療用麻薬の内服治療を行っている。特にモルヒネについて、その特性と使用方法などを患者が理解し納得できるよう丁寧に説明し、患者自身で痛みをコントロールする「痛みの自己管理」ができるよう徹底的な支援を行っている(山形大学方式モルヒネ内服治療)。外来で行っている神経ブロックは星状神経節ブロックのみである。. ローバー ミニ バルタン ショック 5, 交流会 かっこいい 言い方 57, Webアプリ 開発環境 おすすめ 4, よしや 意味 高瀬舟 18, 東京マルイ スコープ 説明書 6, 高校野球 応援歌 原曲 14, 朝海 ひかる ツイッター コスモス 5, 藤沢 映画館 閉館 8, 佐々木蔵之介 ディナーショー 2020 14, 乃木坂シネマズ 秋元 禁止事項 14, 彼氏 本気度 結婚 12, 忍たま スレ まとめ 20, 百五銀行 通帳 引き出し 窓口 41, 佐々木みゆ 聖教新聞 Cm 10, 辻希美 妊娠 つわり 11, 警衛 警護 違い 19, 稲葉 身長 野球 4, あさチャン 視聴率 2020 4, シューベルト 冬の旅 解説 34, まえだまえだ 弟 病気 6, 赤い霊柩車 30 エンディング 8, キャメロン ジャニーズ 本名 6, スーツ2 ネタバレ 日本 20, Ps4 コントローラー充電器 コンビニ 6, サックス マウスピース 寿命 15, 無双 意味 ネット 6, テレワーク 段ボール 部屋 7, Animenz Piano Sheets Animenz Piano Sheets 4, Soundflower 音量 小さい 44, 朝日バス 定期 購入場所 大宮 9, アメブロ 履歴 削除 Iphone 19, Ark ラグナロク ジャングル洞窟 4, Hihi Jets デビュー 7, キム ジユ 子役 19, オールデン ローファー 986 7, 山口百恵 引退 マイク置く 32, プラージュ ドラマ 再 放送 15, あおい輝彦 あなただけを コード 4, ツイキャス 低遅延 設定 8, 新型デリカ D5 Dpf 14, 翔 と キラキラ 8, Myojo 10月号 2020 予約 25, 小林由依 センター 曲 8, わいわい 実況 おすすめ 42, 有吉 巨人 Tver 12, ヤマハ セッション アプリ 8, Aviutl モーショントラッキング 応答なし 16, レオナルド 浦和 年俸 17, 永野芽郁 兄 名前 11, 消毒液 使用期限切れ 効果 未開封 14, 小 腸炎 Ct 11, 射的台 手作り 作り方 48, 韓国ドラマ 美しい世界 Ost 57, 立川志らく 2ch まとめ 15, 野替愁平 彼女 ゆかり 10, ケンウッド ドライブレコーダー 610 不具合 9, あつ森 髪型 クール 4, メッシ クリロナ なんj 4, スパクロ リセマラ 方法 12, ステラリッジ グランドシート 使い方 8, 砂時計 ドラマ 大悟役 10, 室伏広治 伝説 水曜日のダウンタウン 44, キム ジス 俳優 10, ワイキキ ショア 1304 7, 2009 ヤンキース なんj 9, 佐藤藍子 結婚 子供 59, 星 ドラ 盾 力 12, Mp7 チャンバー 気密 24, かんあき ぎんた 障害 11, 股下 60cm バイク 16, Ykk 八代 求人 11, イオンネットスーパー で マスク 買える 8, Twice スマホスタンド 作り方 7, 栃木 県 手巻きタバコ 14, ヒール 外側 削れる 43, 札幌 税理士 持続化給付金 5, 脳腫瘍 ブログ Bnct 5, リーグ戦 日程 作成 5, Trello Outlook 連携 16, Am 0時 いつ 4, 良い 類語 ビジネス 36, Cordilheira Itamaraty Login 8, " />

山形大学 医学部 膠原病 10 Leave a comment

299 0 obj <>stream << /Pages 2 0 R /Type /Catalog >> その場での説明ではなく、主治医から説明...続きをみる, 回答者:30代  女性  勤務先:病院(200床以上), 私の家族の手術を信頼して任せられる施設でした。 << /Contents 16 0 R /Group << /CS /DeviceRGB /S /Transparency /Type /Group >> /MediaBox [ 0 0 595.2 841.68 ] /Parent 2 0 R /Resources << /ExtGState << /GS11 10 0 R /GS5 11 0 R >> /Font << /F1 12 0 R /F2 13 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text /ImageB /ImageC /ImageI ] >> /Tabs /S /Type /Page >> endobj << /Contents 15 0 R /Group << /CS /DeviceRGB /S /Transparency /Type /Group >> /MediaBox [ 0 0 595.2 841.68 ] /Parent 2 0 R /Resources << /ExtGState << /GS11 10 0 R /GS5 11 0 R >> /Font << /F1 12 0 R /F2 13 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text /ImageB /ImageC /ImageI ] >> /Tabs /S /Type /Page >>

"���"���]`�X��^ "���*X\, $ٜ�ޘ$^�����8�F���9� Xg 5 0 obj 日本学術会議連携会員 (第24、25期) 略歴.

7 0 obj ��7����"YlK�PT,�� 建物が別なので、入口も別になっています。 6 0 obj )�FV �� �Ī�с�a�`�0W�����3=�tHv��.�0����e�X�&[���zȾN�9�5I�� 山形大学医学部附属病院の詳細を見る 023-633-1122 ホームページへ: 外来受付時間 月 火 水 木 金 土 日 祝 8:30~11:00 休診日: 土、日、祝 備考: 診察は9:00開始、診療日時は科目により異なる なるべく紹介状持参を推奨 2002年1月 山形大学医学部教授 内科学第一講座. 街中にあるので、…続きをみる, 回答者:50代  女性  勤務先:診療所, 開業医さんですが、MRI完備されています。 ベテランから若いスタッ...続きをみる, 3年ほど前にずっとお世話になっていたお医者さんです。 *%C�,gVu�N�0R9bM=*%�}hR\�6!��+ۆ�in&X[j��Iճ�x!�C��%d�oH�Sd,� �bϕBT��J�P6$�M�d����Ѳ�u��A^;�yܳ]�76�ݩv�� ˌ��[�T5���xl���54�mRB�F�dh���ntX��Jl�Q)٘��$6��2v ��-cG߂(��n{������\��V�HC6��֚�>��mbv!�f��5���!2)���.���.�s���(?�e���C���dH��~��ʐ�-s�_�`(C�P��UJ6ʐ&�r�����Ӝ�Ņ%͉�`��f�l���o�`�߅q�O$�䫄ᯘz��74�=� a��v}C�XkY�7:�B��0v@k��a�o�0�Q���{���OLɥ>��E���0sZ)� �l`��SzRX� �ړVu���Qb��QbU���P7J���\��o3L�D*��)m� ��[�M���m�ݕ��������Ŏ�ߕ��琜ʷ0�߲}�v�u���o�M����UU��x�� 2 0 obj endobj 山形大学医学部国際交流危機管理マニュアル(H28.9改正) new! << /Contents 17 0 R /Group << /CS /DeviceRGB /S /Transparency /Type /Group >> /MediaBox [ 0 0 595.2 841.68 ] /Parent 2 0 R /Resources << /ExtGState << /GS11 10 0 R /GS5 11 0 R >> /Font << /F1 12 0 R /F2 13 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text /ImageB /ImageC /ImageI ] >> /Tabs /S /Type /Page >> 3 0 obj �žKd0́.��?{��(��w�O������U��y&�Q���"���5](c�%k�M#��}V��l�m4�S�6~Y511͘�)�y9n��p�t֍=�Bڈ��S1B�? �oHlp"�yΎ�����*�A�'W�?���m�����`����ŭ�Zb��N���2eN+S~��PK�9���~a�sJ��&b�������e^rs޶��MO\�5��6�Ĉ�͵�Y]����$'j���B��䱯����(�_�w|��vn29��!qq7&�E�ѥ( 昭和大学医学部リウマチ膠原病内科 助教(員外) 2013年4月- 2014年3月: 日本赤十字医療センターアレルギーリウマチ科 医員: 2014年4月- 2014年9月: 昭和大学医学部リウマチ膠原病内科 助教(員外) 2014年10月- 現在: 昭和大学医学部リウマチ膠原病内科 助教 ˟L�0t ���a���ݗ"eU��,�g << /Contents 18 0 R /Group << /CS /DeviceRGB /S /Transparency /Type /Group >> /MediaBox [ 0 0 595.2 841.68 ] /Parent 2 0 R /Resources << /ExtGState << /GS11 10 0 R /GS5 11 0 R >> /Font << /F1 12 0 R /F2 13 0 R >> /ProcSet [ /PDF /Text /ImageB /ImageC /ImageI ] >> /Tabs /S /Type /Page >> %PDF-1.7

お見舞いに行くたびに、良くなって行く姿を見られたのはよかったです。 h޼S_HSQ������8 Ѱd5�t/ŌQ,[:W��a��(�Ý���X u�� 今回は内科を受診しましたが、先生は温厚な感じで症状をじっくり聞いてもらえ…続きをみる, 回答者:50代  女性  勤務先:診療所, 文字通り消化器内科を専門領域としており、その教育、診療、研究に当たっている。伝統ある消化器内科学教室として全国的にも高く評価されており、「やさしい医者、考える医者」をモットーに患者の立場に立って診療することを心がけている。診療は大きく、消化管(上部・下部)、胆膵、肝臓の3つの部門に分かれているが、部門ごとに外科や放射線科あるいは腫瘍内科とのカンファレンスを行い、集学的治療を実践している。, 外来患者数は09年度で1日平均115人、年間約28,000人である。新患・一般再診外来は週5日あり、専門外来は胃外来、腸外来、胆膵外来、肝臓外来を開いている。病棟は56床、09年度の入院患者延べ数は約19,000人, CT、MRI、電子ファイバースコープ(上部、小腸、下部;NBI対応)、カプセル内視鏡、EUS、超音波(RVS・ARFI対応)、PET-CT(2011年導入予定)。, 消化管外科、肝胆膵外科、乳腺・甲状腺外科の各領域において専門分野の医師が診療にあたる。専門的な知識や高度な技術を必要とする、各臓器の悪性腫瘍根治手術から炎症性疾患、生体肝移植のみならず、急性虫垂炎、鼠径ヘルニア、痔核などの一般的な疾患の手術も行っている。また、悪性腫瘍に対する集学的な治療を必要とする分野については、腫瘍内科、放射線科と連携し、適切な治療方針を打ち立て、患者さん一人ひとりに適正なオーダーメイドな治療を行うことを信条としている。, 山形大学医学部外科学第1講座(消化器・乳腺甲状腺・一般外科学)における最近12年間の肝胆膵手術連続512例において「手術在院死亡なし」を更新中, 当院は呼吸器疾患全般の診療を行っている。急性呼吸不全や感染症、肺がんの診療もさることながら、特に慢性閉塞性肺疾患(COPD)においては遺伝子などの研究レベルから、診断・治療・早期リハビリなどの臨床レベルまで総合的な医療を行っている。, 年間入院患者は約320例前後で、慢性閉塞性肺疾患10%、感染症22%、肺がん33%、間質性肺炎7%、気管支喘息3%、気胸5%や急性呼吸不全などである。年間気管支鏡検査は約300例、そのうち経気管支肺生検は約100例、気管支肺胞洗浄を約30例施行している, CT 3台、MRI 2台、核医学検査、気管支ファイバースコープ、精密肺機能検査など。, 呼吸器病センターとして、呼吸器内科との連携のもとに病棟が運営され、原発性肺がん、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍等を中心に治療を行っている。手術室はハイビジョン映像が導入され、CT等が放射線部と直結し詳細な解析が可能なハイテク施設となった。肺の表面付近の腫瘍は、胸腔鏡で部分切除が行われるものの、深い部位の腫瘍は胸腔鏡下切除が困難とされていた。画像をコンピューター処理し、部分切除と同等のアクセスで完全胸腔鏡下区域切除を行い、さらなる低侵襲術式と器具を開発している。この方法は超高齢者の肺がんや転移性肺腫瘍にも有用で、術後3日ほどで退院可能である。進行がんは腫瘍内科等との治療会議を毎週施行し、集学的治療を行っている。, 09年の手術件数は180例で、原発性肺がん72例、転移性肺腫瘍15例、縦隔腫瘍20例など。非小細胞肺がんでI、II、IIIA期のうちN1(肺がんと同側のリンパ節に転移がある)は完全切除を第一選択とする。CT上、すりガラス状の影の小型肺がんが増加し、肺の切除範囲は小さくて済むようになってきた。比較的早期の肺がんは完全内視鏡で行い、痛みが軽く早期退院が可能である。IIIA期の縦隔リンパ節転移症例は、術前化学療法の後に手術を施行している。IIIB期以上は非手術療法が中心となるが、気管分岐部や心房などへの局所浸潤例は、積極的手術を基本に集学的な治療を行う。肺がん手術1,213例の病期別5年生存率は、旧分類IA期81%、IB期62%、IIA期41%、IIB期37%、IIIA期35%、IIIB期25%、IV期13%である。胸腔内出血や膿胸にも器具を自作工夫し、短時間に行っている。, 虚血性心疾患(急性心筋梗塞や狭心症)、心不全(心筋症、弁膜症、先天性心疾患)、不整脈(頻脈性不整脈、徐脈性不整脈)、肺高血圧症など、幅広い循環器疾患領域に対して高度先進医療の提供に取り組んでいる。第1内科は、循環器内科と呼吸器内科と腎臓内科の、他に類をみない混合診療科である。したがって、心疾患に合併することの多い心肺関連疾患(肺気腫など)や心腎関連疾患(腎不全など)に対して包括的な検査・治療方針の検討を行うことが可能である。また、急性心筋梗塞や急性心不全などの急患に対して、24時間対応している。レベルの高い心臓血管外科との連携によって、様々な患者さんのニーズを考慮しながら外科的あるいは内科的治療方針を決定している。, 循環器病棟は循環器病センターとして、心臓血管外科と循環器内科スタッフが同じ病棟に混合しており、外科手術患者も入院から退院まで、一貫して同じ看護師チームが担当している。心臓超音波検査(年間約3,000件)は、特に経食道超音波検査は年間150件で、脳梗塞症例や弁膜症症例には積極的に行い、詳細な検討を加え治療指針を決定している。運動負荷試験(年間約200件)、心臓核医学検査(年間約400件)、心臓CT(年間約350件)は、狭心症の疑われる症例、高血圧、糖尿病、脂質代謝異常症など危険因子を合併している場合には、心臓カテーテル検査に代わる非侵襲的検査として外来検査を行っている, 心臓超音波装置4台、ホルター心電計10台、64列マルチスライスCT 2台、MRI 3台、心臓核医学検査、トレッドミル、心臓カテーテル装置2台など。, 小児から高齢者に至る心臓血管疾患を扱っている。診療体制は実質的な「循環器病センター」となっており、循環器内科(第1内科)と同一病棟、看護体制も共通となっている。これにより内科―外科診療科間の日常的に密接な連携が図られ、治療法決定のための定期的カンファレンスも活発である。診断確定(内科)→治療法の決定(内科、外科)→外科的加療(外科)→術後検査および最適な薬物療法決定(内科)などベストな治療がスムーズになされている。また、第2外科として心臓血管外科の他に、密接に関連する呼吸器外科、小児外科を診療体制の3本柱として有しており、毎朝カンファレンスで症例検討を行い、幅広い専門的な見地から最良の治療法を選択している。, 09年の年間手術件数は第2外科全体で619件であり、そのうち、心臓血管外科手術は223例(うち、心臓および胸部大血管手術142例)であった。内訳は小児先天性心疾患34例、弁膜症疾患52例、冠動脈疾患31例、胸部大動脈瘤15例、その他心臓手術10例で、腹部大動脈以下の末梢血管手術59例であった。僧房弁閉鎖不全に対しては40%の症例に弁形成を施行、大動脈弁に対しては生体弁か機械弁を患者さんの年齢やニーズを考慮して選択している。冠動脈パイパス術では全例が心拍動下であり、87%がオフポンプバイパスであった。また、手術の対象となる症例も新生児8例、80歳以上の高齢者が16例と広範囲の年齢層にわたり、24時間以内の緊急手術11例、血液透析症例6例などと重症化している。術後30日以内の手術死亡は先天性2例、後天性心臓2例・血管2例で、全体の院内死亡率は2.6%であった。, MRI、CT、MDCT、DSA、シネアンギオ装置、人工心肺、PCPS、IABP、CHDF。, 専門は腎臓病と膠原病の診断・治療全般。関連分野として膠原病、高血圧も担当する。腎疾患の早期診断・治療から、保存期腎不全、透析導入、腎移植までの腎疾患全般に幅広く対応する。, 腎疾患の外来患者数は月約300人、入院患者数は年間約200人、腎生検数は年間約60件である, 入院病床16床。透析ベッド5床、ICU、CT、MRI、血管撮影、腎シンチグラフィ等。, 診断から治療まで、トータルケアを心がけている。患者さん一人ひとりに最適な治療を、多面的に考慮する。クリニカルエビデンス(医学的根拠)のみに基づいた紋切り型の治療にはとらわれない。モットーは「丁寧な診断治療。質を保証する数は必要だが、数は質を保証しない」。診療困難がん症例については科横断的なキャンサートリートメントボードでの検討を行い、総合的な治療指針を策定する。, 当院は急性期治療を担う県内唯一の大学病院であり、リハビリテーションも、高度集中治療室でのベッドサイドリハをはじめとする急性期リハが中心となっている。一方、神経難病、脳腫瘍、小児疾患など難治例に対しては、ベッドサイドリハから難病疾患の退院にむけての環境整備までの包括的なリハビリを行っている。, 最近5年間の患者数は毎年約1,200人である。対象は、整形外科入院患者が約4割で他科入院の患者が約6割である。リハビリ科独立の入院ベッドはないが、医師は整形外科を兼務しており、整形外科入院患者の細かな決定や調整ができている。そのほかの当院リハビリ科の特徴を以下に挙げる, 多用途筋機能評価訓練装置(Biodex)、筋電計、重心動揺計、各種物理療法機器など。, 医学部全体で山形県のがんセンターとして機能している。病院再整備の結果、09年夏から産婦人科病棟も新しく機能的になっている。エビデンス(科学的根拠)や各種ガイドラインに基づいた治療を心がけており、診断から治療まで一環して行っている。治療と病状の説明は、平易かつ多角的に行っている。セカンドオピニオンは随時受け入れている, 09年の成績は、総手術件数257例、婦人科手術198例、うち腹腔鏡下手術59例であったが、例年通り合併症や進行悪性腫瘍の手術が多い。緊急手術も例年1~2割を占める, コルポスコープ、子宮鏡、体外受精ユニット、各種超音波機器、PWV、CT、MRI、放射線施設などを備えている。, 各疾患領域を専門とする医師がそろっており、それぞれ高度医療を行っている。特に、新生児の外科疾患や先天性心疾患および腫瘍性疾患など、外科系各科や放射線科などの専門各科との連携が必要な疾患に関して、集学的な診療が可能である。また、各分野の難治例や重症例に関して、県内の各関連病院との連携をとりながら、より専門性の高い医療を提供している。救急外来は、基礎疾患がある患者や2次救急病院からの紹介患者に関して、24時間小児科医師が対応する体制が整っている。また、遺伝性ニューロパチー、先天性中枢性低換気症候群、脳形成障害、先天性内分泌・代謝異常などの遺伝子診断を精力的に行っている。, 小児科病棟34床(うち、乳児室6床)、他にGCU 3床、NICU 6床。09年入院患者数は延べ340人。外来受診は主に専門外来となるが、1日平均40~45人, CT、MRI、超音波検査、脳波、SPECT、呼吸機能検査、DEXA、血管造影(心臓カテーテルなど)、無菌室、感染対策陰圧室。, 小児科はじめ外科系診療科と連携して専門的医療を提供している。病気を治すのはもちろんのこと、より侵襲の低い手術、機能を重視した手術を心がけている。手術を受けた子の生涯にわたる心のケアのため、美容的な観点から創(きず)を最小限にするような手術が重要であると考えており、内視鏡下手術も積極的に取り入れている。治療方針はご家族と話し合い、一人ひとりにマッチした最善の治療とQOL(生活の質)向上を目指している。, ここ数年の年間手術件数は約200件、そのうち新生児手術は約20件で、内視鏡手術は年間約50件である。09年度(08年度)の症例の内訳は、先天性食道閉鎖症4(1)、直腸肛門奇形3(2)、先天性十二指腸閉鎖症5(1)、先天性小腸閉鎖症1(1)、先天性横隔膜ヘルニア2(1)、腹壁異常症1(2)、腸回転異常症手術1(1)などであった。乳児期以降の手術症例は頭頸部疾患、肺嚢胞性疾患、胆道拡張症・閉鎖症2(2)、肥厚性幽門狭窄症、虫垂炎、腸重積症、水腎症1(7)、膀胱尿管逆流症7(7)、停留精巣10(9)、鼠径ヘルニア(脱腸)、臍ヘルニア(出ベソ)から小児腫瘍4(5)まで多岐にわたっている。内視鏡手術は漏斗胸に対するナス法2(0)、鼠径ヘルニア38(13)、停留精巣1(2)、ヒルシュスプルング病1(2)、胃食道逆流症や食道裂孔ヘルニアに対する噴門形成術7(2)等である。近年の傾向として腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術を希望する家族の増加がある。小児がんに対しては小児科、放射線科、腫瘍内科などと連携し、術前術後の末梢血幹細胞輸血・骨髄移植を含めた化学療法、放射線療法、手術を組み合わせた集学的治療を行い、良好な成績をあげている。小児の便秘等の日常的疾患の外来診療も行っている。, NICU、ICU、クリーンルーム、各種画像検査、内圧測定装置、24時間PHモニター、内視鏡、膀胱鏡、胸・腹腔鏡、NO吸入装置、HFOなど。, 耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域全般の診療を行っているが、特に聴覚、頭頸部腫瘍の診断・治療、研究に重点を置いている。特に頭頸部がんについては、全国の大学医学部で初めての「がんセンター」が設立され、講座、診療科の壁を取り払い、がん診療に関わる各々の部門が有機的に連携して、患者を中心とした世界レベルのがん診療体制が築かれている。また、末梢性顔面神経麻痺の病態解明や予後診断および治療、突発性難聴の病態解明や治療に関しては、他をリードする成果をあげている。誘発反応を用いた他覚的聴力検査をはじめ、めまい(眼球運動)のコンピューター解析を用いた診断、各種自己免疫疾患の病態解析および治療、頭頸部嚢胞性疾患に対する薬液注入療法など、多岐にわたり力を入れている。日本耳鼻咽喉科学会認定専門医研修施設。, 年間入院患者延べ数約9,500人。外来患者延べ数約17,000人。総手術件数655件、麻酔件数335件, MRI、CT、核医学、超音波、リニアック、聴性脳幹反応(ABR)、耳音響放射(OAE)、聴性定常反応(ASSR)、電気眼振計(ENG)、エレクトロニューロノグラフィー(ENoG)、各種内視鏡、サージトロン、マイクロデブリッダー、アルゴンプラズマレーザー、電気味覚計、嗅覚機能検査、鼻腔通気度検査などを備えている。, 山形県内唯一の特定機能病院歯科口腔外科として、口腔外科疾患全般に広く対応している。口唇裂口蓋裂治療は、県内の基幹病院、矯正歯科専門医や言語聴覚士と連携し、口唇形成術や口蓋形成術から言語治療および咬合治療まで一貫した治療を行う。口腔がんは大学病院全体のがん症例検討会において治療方針を検討し、耳鼻咽喉科、形成外科、放射線科、腫瘍内科等の関連科と連携をとり治療を行っている。顎変形症は県内矯正歯科専門医と連携をとり、定期的に勉強会を開催しながら治療を進めている。様々な基礎疾患を有する患者に対する歯科治療は、内科や麻酔科等と連携をとり十分な医療安全対策を行ったうえで歯科治療を行う体制が整っている。咬合再建のための歯牙移植や、インプラント治療およびインプラント埋入前の骨移植術による顎堤再建も積極的に施行している。また、現在、難治性開口障害への対応として独自の開口訓練器を開発し、臨床応用を開始している。, ★08年度初診患者件数;良性腫瘍59件、悪性腫瘍25件、外傷47件、炎症42件、嚢胞39件、先天奇形15件、顎変形症28件、顎関節疾患160件、神経性疾患10件、口腔粘膜疾患47件、唾液腺疾患6件、埋伏歯・智歯249件、う蝕歯周病514件、有床義歯68件、その他105件, 糖尿病・内分泌代謝内科を専門とし、この分野の疾患全般の診療を行っている。山形県唯一の大学附属病院であり、地域の住民、医療機関からの信頼が厚く、それに応えるべく、地域での活動(住民および医療者対象)に力を入れ、臨床・教育・研究の3分野においてトップレベルを目指している。, 当病院は特定機能病院として、種々の最先端医療設備を備えている。詳細はホームページ参照。, 一般内科の基本の上に各症例ごとに血液疾患の病態を把握・治療を行う。診療体制は複数主治医制をとる。対象はすべての血液疾患として、山形県内の要請に対応する。病院内でHLA検査、フローサイトメトリー、遺伝子検査、キメリズム解析を行い、迅速な対応を可能としている。骨髄移植・臍帯血移植認定施設。血液病室約20床。, 血液内科の入院患者は常時25人前後で、可能な限り、短期入院、外来治療、紹介元での治療を実施している。08年度年間新規入院患者数は70人、内訳は悪性リンパ腫38%、急性白血病12%、多発性骨髄腫11%、骨髄異形成症候群6%の他、再生不良性貧血、赤芽球癆、特発性血小板減少性紫斑病、血球貪食症候群などである。年間延べ入院患者数は130人。移植については08年度は同種造血幹細胞移植8人、臍帯血移植3人、自家末梢血幹細胞移植7人である。同年の急性骨髄性白血病の無病生存率は66%、悪性リンパ腫の無病生存率は81%である。急性白血病の治療は日本成人白血病研究グループ(JALSG)に参加し、そのプロトコールに基づいた治療を行っている。悪性リンパ腫の治療は、病理医と定期的な標本カンファレンスを行い、情報共有、正確な診断のもとに治療方針を決定している。悪性リンパ腫の自家移植についてはTohoku Hematology Forum(THF)の臨床試験に参加している。慢性骨髄性白血病、多発性骨髄腫についても臨床試験に参加、患者さんには積極的な登録をお願いしている。患者さんの治療方法の選択にあたっては、可能な限り、その根拠を得る努力をするが、根拠がない場合も多く、患者さんと共に悩みながら治療法を選択する場合も少なくない。, 専門はリウマチ・膠原病の診断・治療全般。リウマチ・膠原病における早期診断、全身状態評価から、基本的薬物治療、生物学的製剤、血漿交換、血液吸着、白血球吸着まで幅広く対応する。同じ講座内に循環器、呼吸器グループをもつため、特にリウマチ・膠原病の合併症診療、全身管理が充実している。, リウマチ・膠原病の外来患者数は月約200人(うち関節リウマチは120人)、入院患者数は年間約150人, 嘉山主任教授の手術方法の開拓により、安全確実な手術において脳神経外科の各専門分野で治療法のオピニオンリーダー的存在となり、どの専門分野においても、これまでの治療成績やエビデンス(科学的根拠)を超え、より良い治療成績を得られるよう新たなエビデンスの発信を目指してる。また、自科にこだわった治療方針でなく、院内・院外の他科との詳細な検討のうえ、multimodality(手術のみでなく様々な治療機器を用いること)により、常に長期治療成績を念頭に置いた機能温存治療を第一義としている。特に、覚醒下手術においては、当科にawake surgery研究会事務局があり世界に先駆けたガイドラインを作成するなど、草分け的な存在である。さらに診療のみならず、大学としての教育、研究にも最大限の力を注ぎ、地域全体の診療レベルの向上を目指した生涯教育体制を敷いている。, CT、3d-CTA&V、MRI、perfusion MRI、DSA、SPECT、エコーが24時間体制で可能、MEG、PET、functional MRI、EEG、video EEG、NIRSなど最新診断機器完備。術中MRI、術中DSA、術中蛍光診断、最新顕微鏡、ナビゲーションシステム、術中MRIによるアップデートナビゲーション、神経モニタリング機器、術中EEG、覚醒下手術用モニター、定位脳手術装置、手術シミュレーション装置、神経内視鏡、術中エコーなど最新手術支援装置完備。, 一般の単純写真からCT、MRI、核医学、心臓カテーテル検査を除いて頭から足までの血管撮影など、すべての診断部門を担当し、当日中の迅速、かつ正確な画像診断、報告書の作成を日常業務としている。新たな知見を求めてレビューするとともに、放射線診療技師と協力しながら、新たな診断法、検査法の開発に力を入れている。日本核医学会専門医教育施設に認定されており、形態、機能画像評価法の開発を行っている。また画像診断技術を用いた低侵襲の治療であるインターベンショナル・ラジオロジーの修練施設となっており、頭頸部、腹部を中心に積極的に取り組んでいる。, ★画像診断部門の09年度の検査件数はCT 15,000件、MRI 7,500件、核医学2,000件、血管造影およびインターベンショナル・ラジオロジー(IVR)500件であった, 64列MDCT 2台、MRI(3テスラ1台、1.5テスラ2台)、IVR-CT(64列MDCT)1台、シネアンギオ1台、アンギオ1台、SPECT-CT 2台, 日本放射線腫瘍学会認定施設で、3人の放射線治療専門医、2人の放射線治療専攻医、放射線科後期研修医数人が在籍している。医学物理士・放射線治療専門技師により、厳格な質的基準が維持されている。がん患者さんの治療方針は、原則として複数科の専門医・コメディカルスタッフが参加するキャンサートリートメントボード(CTB)にて決定されており、ガイドラインでは対応できないようながんに対しても、各専門科の知識と技術を集約し最適な治療方針を決定している。10年より放射線治療棟の新築移転に伴い、2台の世界最先端の画像誘導機能付きのリニアックが稼働を開始。頭頸部・体幹部の強度変調放射線治療(IMRT)、定位放射線治療、画像誘導放射線治療(IGRT)、呼吸同期照射など、世界最先端の放射線治療が可能となった。, 09年の初診患者数は384人。原発臓器別の内訳は、脳脊髄27人、頭頸部40人、肺縦隔(肺)31(24)人、乳腺58人、肝胆膵11人、消化管11人、婦人科34人、泌尿器科(前立腺)64(39)人、血液22人、皮膚骨軟部9人、その他9人、良性3人、小児11人。治療内容の内訳は、外照射355人、腔内照射(婦人科がん)8人、全身照射11人、甲状腺がんヨード治療9人、ストロンチウム治療10人である。93年11月から00年4月までの当院の乳房温存術後放射線治療の治療成績は、5年生存率98.2%・無再発生存率97.4%である。, リニアック2台、治療計画専用マルチスライスCT、3次元治療計画装置7台、高線量率イリジウムアフターローディング装置、RI病室、一般病室など。, 様々な領域のがん治療を担当する診療科として07年6月に新設された。がん化学療法を専門的に行いながら、がん治療のトータルコーディネーターの役割を担っている。必要であれば外科治療や放射線治療を組み合わせた集学的治療や、緩和治療など最適と思われる治療を進めていく。また、院内検討会(キャンサートリートメントボード:CTB)を主催しており、他診療科のがん治療にも専門的なアドバイスをしている。山形大学腫瘍内科が診療対象としている疾患は非常に幅広く、消化器がん(食道がん、胃がん、結腸直腸がん、膵胆道がん)の化学療法並びに放射線との併用療法、肺がんの化学療法並びに放射線との併用療法、乳がんの化学療法、原発不明がんの診断治療、悪性軟部腫瘍の化学療法、その他の悪性腫瘍のセカンドオピニオンなどである。診療相談をしながら地元で治療継続も可能である。詳しくは腫瘍内科ホームページを参照。http://www.id.yamagata-u.ac.jp/Med_Oncology/index.html, 07年6月から09年12月までの入院患者数は胃がん94人、食道がん61人、結腸直腸がん18人、膵胆道がん10人、胸部悪性腫瘍(肺がん・縦隔腫瘍など)38人、乳がん5人、悪性リンパ腫17人、原発不明がん36人、悪性軟部腫瘍17人、その他(副腎がん、皮膚がん・悪性黒色腫など)14人である。治療困難例や、まれながん症例も積極的に受け入れている。また、新たな治療法確立のためにJCOG(日本臨床腫瘍研究グループ)、JACCRO(日本がん臨床試験推進機構)、T-CORE(東北臨床腫瘍研究会)などにも参加している。, WHO方式がん疼痛治療法に則って、非がん性疼痛に対しても中等度以上の身体的痛みに対しては、医療用麻薬の内服治療を行っている。特にモルヒネについて、その特性と使用方法などを患者が理解し納得できるよう丁寧に説明し、患者自身で痛みをコントロールする「痛みの自己管理」ができるよう徹底的な支援を行っている(山形大学方式モルヒネ内服治療)。外来で行っている神経ブロックは星状神経節ブロックのみである。.

ローバー ミニ バルタン ショック 5, 交流会 かっこいい 言い方 57, Webアプリ 開発環境 おすすめ 4, よしや 意味 高瀬舟 18, 東京マルイ スコープ 説明書 6, 高校野球 応援歌 原曲 14, 朝海 ひかる ツイッター コスモス 5, 藤沢 映画館 閉館 8, 佐々木蔵之介 ディナーショー 2020 14, 乃木坂シネマズ 秋元 禁止事項 14, 彼氏 本気度 結婚 12, 忍たま スレ まとめ 20, 百五銀行 通帳 引き出し 窓口 41, 佐々木みゆ 聖教新聞 Cm 10, 辻希美 妊娠 つわり 11, 警衛 警護 違い 19, 稲葉 身長 野球 4, あさチャン 視聴率 2020 4, シューベルト 冬の旅 解説 34, まえだまえだ 弟 病気 6, 赤い霊柩車 30 エンディング 8, キャメロン ジャニーズ 本名 6, スーツ2 ネタバレ 日本 20, Ps4 コントローラー充電器 コンビニ 6, サックス マウスピース 寿命 15, 無双 意味 ネット 6, テレワーク 段ボール 部屋 7, Animenz Piano Sheets Animenz Piano Sheets 4, Soundflower 音量 小さい 44, 朝日バス 定期 購入場所 大宮 9, アメブロ 履歴 削除 Iphone 19, Ark ラグナロク ジャングル洞窟 4, Hihi Jets デビュー 7, キム ジユ 子役 19, オールデン ローファー 986 7, 山口百恵 引退 マイク置く 32, プラージュ ドラマ 再 放送 15, あおい輝彦 あなただけを コード 4, ツイキャス 低遅延 設定 8, 新型デリカ D5 Dpf 14, 翔 と キラキラ 8, Myojo 10月号 2020 予約 25, 小林由依 センター 曲 8, わいわい 実況 おすすめ 42, 有吉 巨人 Tver 12, ヤマハ セッション アプリ 8, Aviutl モーショントラッキング 応答なし 16, レオナルド 浦和 年俸 17, 永野芽郁 兄 名前 11, 消毒液 使用期限切れ 効果 未開封 14, 小 腸炎 Ct 11, 射的台 手作り 作り方 48, 韓国ドラマ 美しい世界 Ost 57, 立川志らく 2ch まとめ 15, 野替愁平 彼女 ゆかり 10, ケンウッド ドライブレコーダー 610 不具合 9, あつ森 髪型 クール 4, メッシ クリロナ なんj 4, スパクロ リセマラ 方法 12, ステラリッジ グランドシート 使い方 8, 砂時計 ドラマ 大悟役 10, 室伏広治 伝説 水曜日のダウンタウン 44, キム ジス 俳優 10, ワイキキ ショア 1304 7, 2009 ヤンキース なんj 9, 佐藤藍子 結婚 子供 59, 星 ドラ 盾 力 12, Mp7 チャンバー 気密 24, かんあき ぎんた 障害 11, 股下 60cm バイク 16, Ykk 八代 求人 11, イオンネットスーパー で マスク 買える 8, Twice スマホスタンド 作り方 7, 栃木 県 手巻きタバコ 14, ヒール 外側 削れる 43, 札幌 税理士 持続化給付金 5, 脳腫瘍 ブログ Bnct 5, リーグ戦 日程 作成 5, Trello Outlook 連携 16, Am 0時 いつ 4, 良い 類語 ビジネス 36, Cordilheira Itamaraty Login 8,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *